定期預金は、貯蓄の方法として、
または、使わないお金を安全に銀行に預けておく方法として一般的な方法でした。

しかし、今の日本の超低金利では、定期預金の金利は雀の涙ほどしかありません。
通常の銀行よりも比較的金利の良いネットバンクの定期預金でも、5年定期で金利0.5%未満です。


「保険」というと、万が一のための「保障」目的で入る人がもちろん多いですが、
「貯蓄」のために入る人も増えています。

大手の銀行でも、定期預金を検討中の人に対して、
貯蓄性のある生命保険を勧めるケースが増えています。


銀行が保険の代理店のような仕事もしている時代。。。なんだか不思議な時代ですね。


《 300万円を10年 大手銀行よりも金利の良いネットバンクの定期預金で運用する場合 》

金利0.3%計算(複利)で
300×1.003×1.003×1.003×1.003×1.003×1.003×1.003×1.003×1.003×1.003=約309万円

《 300万円を10年 返戻率110%の生命保険で運用する場合 》

300×1.1=330万円

注目すべきは、お金がどれだけ増えて戻ってくるか?を表す「返戻率」です。

月々@千円、という通常の生命保険の支払い方法の場合、
10年で返戻率が100%を上回ることはなかなかありません。
これは学資保険にも同じことが言えます。

しかし、定期預金と同じように、最初に300万まとめて払える人であれば、
10年後の返戻率が110%ということもめずらしくありません。


もちろん保険ですから、お金が増えるだけではなく、
万が一の時のための保障もついてきます。

つまり、定期預金よりも保険で運用したほうが、330万-309万=21万円オトクです。

注意しなければならないのが、貯蓄性のある保険の場合、
契約してから解約するまでの期間が短ければ短いほど、
返戻率が低くなります。

つまり、払った額より、戻ってくる額が少なくなってしまいます。

なので、万が一の大きな出費のことも考えて、
いくらお金が増えて返ってくるからといっても、
今ある貯金のほとんどを保険に突っ込む、という行為はやめるべきです。

あくまで、余剰資金を増やす、という意味合いで、貯蓄型の保険は利用するべきです。


× 資料請求・インターネットなどで、各保険会社の貯蓄型保険を自分で比較して選ぶ。
保険は何かと複雑にできています。
自分の今の状況に最適な保険を、膨大な保険から素人が選択するのはとても難しいです。

× お知り合い・今までに付き合いのある、「@@生命」の保険屋さんに相談して選ぶ。
ひとえに貯蓄型保険といっても、いろんな保険会社のいろんな種類のものがあります。
保険屋さんに相談してしまっては、自分の会社のところの保険を勧めるに決まっています。
中立的立場で保険を選ぶことができなくなります。

× 銀行の「保険相談窓口」で相談して選ぶ。
これも同様。扱える保険の種類が限られているので、客観性に欠け、
あなたにとってベストな商品を選べないことが多いです。

 客観的目線で保険を解説できるファイナンシャルプランナー(FP)に相談する。

FPであれば、貯蓄関連知識も豊富ですし、
保険についてももちろん相当な知識をお持ちです。

お金のプロであり、保険のプロでもあります。

ですので、貯蓄型保険の相談するならFPさん以上に頼れる人はいません。

複数の保険会社・保険の種類の中から、あなたの場合はどれを選ぶのがベストな選択なのか?
を客観的にアドバイスしてもらえます。



税理士さん・弁護士さん、、、など、その道の専門家に相談をするには、
安くても1時間@千円とかとられちゃいますよね。

でも、保険のビュッフェというサービスを使うことによって、
FPさんに無料で保険についての相談に乗ってもらえます。

そして、強引な保険の勧誘は一切されませんので安心です。

>>保険のビュッフェ 公式サイトはこちら



・本当は必要のない保険に入ってしまっている。
・保険料を払いすぎている。

という人は、意外と多いです。

保険というのは複雑にできているので、
知らないうちに損をしてしまっていることがあります。

保険のビュッフェの保険無料相談を使えば、
保険のプロに「客観的目線でのアドバイス」をもらうことができます。

このように、貯蓄型の保険の相談以外にも使える無料サービスです。

さらに詳しく貯蓄型保険について知りたいという方は、
掛け捨て・貯蓄型保険のメリット・デメリットのページで確認してみてください。

自分にあった定期預金を探索

 

定期預金の種類

 

ネット銀行って?

 

銀行の選びかた

 

定期預金以外の資産運用

 

老後は年金があるから大丈夫?

 

家計の見直しをしてみよう

 

金融関連ニュース

 

日本レコード大賞制定委員会