自分にあった定期預金を探索

普通預金と定期預金の違い

家計簿.jpg

大抵の方はなんとなく、お金は普通口座預金に預けてればと良いだろう
と思っているかたも少なくありません。


お金の使用用途が生活資金など、お金の移動が多い場合は、
普通預金口座に預ける方が便利です。


しかし、ある程度のまとまったお金があって、尚且つ当面は使う予定が無いのならば
雀の涙ほどの金利しか貰えない、普通預金口座に預けておくのはもったいないです


なぜ普通預金が定期預金に比べて金利が低いかといいますと、
普通預金口座は預金者がいつでも引き出せるので、資金の流動性がありますよね。


銀行側としては、いつ引き出されるかわからない普通預金口座の中のお金には
あまり頼れないのです。


よって、預金口座の中にお金を入れてもらって少しは助かるけれど
あまり頼りにならないので金利は低いよ。というのが普通預金の金利です。


一方、定期預金口座の場合は一度預け入れをしたら
満期(約束の時期)が来るまで引き出せないのでそれまでの間、銀行はその資金を頼って貸し付けや他の運用に回せます。


銀行側としては長い期間、経営資金を預け入れ者に借りていて助かっているのですから、
その分多くの金利を払うね


というのが定期預金の金利です。


金利は銀行によって様々で、中でもネット銀行が飛躍的に金利が高いです。
視野を広くとって、金利だけではなく自分のライフスタイルに合った銀行が選べると
いいですね。


定期預金とは何?<< ・ >>定期預金って途中で解約はできるの?


【関連記事】
・定期預金と積立定期預金との違い
・定期預金って途中で解約はできるの?


自分にあった定期預金を探索

 

定期預金の種類

 

ネット銀行って?

 

銀行の選びかた

 

定期預金以外の資産運用

 

老後は年金があるから大丈夫?

 

家計の見直しをしてみよう

 

金融関連ニュース

 

日本レコード大賞制定委員会