定期預金以外の資産運用

子供の為に学資保険?定期預金?

入学式.jpg子供が生まれて、まず考えるのが教育資金ですね。
可愛いわが子の為に最善の教育を与えてあげたい・・・


親なら誰でもこの思いを抱きますね。


だけど、かわいい子供の為の教育資金は
一体いくらほどかかるのでしょうか。


高校.jpg基本的な生活費(養育費)は無しで、ザッと節目ごとの教育資金(幼稚園から大学)のみで考えてみましょう。

※以下 国・公立

国・公立 入学費 年間学費
幼稚園 10万円 25万円
小学校 10万円 30万円
中学校 10万円 45万円
高校 20万円 50万円
大学 30万円 50万円

大学.jpg

※以下 私立

私立 入学費 年間学費
幼稚園 10万円 50万円
小学校 30万円 120万円
中学校 30万円 125万円
高校 40万円 105万円
大学(文系) 30万円 90万円
大学(理系) 110万円 120万円
大学(医・歯科) 200万円 370万円
           


※入学費には、制服費やその他学用品費が含まれています。


ザッと見ただけでも、目玉が飛び出しそうな額が並んでいますね。


でも教育資金の貯蓄をするには、同じ貯蓄ができる定期預金と学資保険では
どっちがいいのか迷ってしまいますね。


ではまず、学資保険と定期預金との違いを比べてみましょう。


【定期預金】


定期預金では基本、満期が来るまでは引き出せないですが、最悪
どうしてもお金が必要ならば、預けていた期間の金利は低くなりますが
中途解約するという手があります。元本保証されているので、元資金を割ることはありません。


ですが、もしご主人名義で積立をしていた場合で万が一の事がおきたら
積み立てる事ができないので積立はそこでストップします。


【学資保険】


いっぽう、学資保険では
ご主人が保険契約者の場合で、被保険者様にもしもの事があった場合
保険料支払いが免除(死亡保障がついています)されます。


満期まで保険が切れることなく期日がきたら学資金を受け取れます。


しかし学資保険では保険ですので、元本保証がついてません。中途解約すると
大きな元本割れが起きてしまいます。


今後のお金の計画を良く考え、積立資金をしばらく動かさないでいけそうなら【学資保険】


もしかすると、積立を崩さなきゃいけなくなるかもしれないのなら
元本割れを起こさない【定期預金】が良いと思います。


金利の方は、今現在の銀行での定期預金では凄く低金利ですが


学資保険では、お金を預ける期間が大体の方で15年から18年とロングスパンですので
流動性が低い分、金利が高く設定されています。


自分にあった定期預金を探索

 

定期預金の種類

 

ネット銀行って?

 

銀行の選びかた

 

定期預金以外の資産運用

 

老後は年金があるから大丈夫?

 

家計の見直しをしてみよう

 

金融関連ニュース

 

日本レコード大賞制定委員会