定期預金以外の資産運用

いつまでにいくら必要?【教育資金】

新芽.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像教育資金の目標額は、進学先で変わってきます。
幼稚園から大学までオール国公立の場合と、オール私立の場合では雲泥の差があります。


理想どおりの進学先でいけると良いのですが、そればっかりは分かりませんよね。
どの道も選べるように、教育資金額は多めの目標を設定するのがいいでしょう。


また、教育資金を貯めやすい時期は公立に行っているときです。
貯め時には、貯めるスピードを上げて貯蓄しましょう。


細い木.jpgのサムネイル画像【オール国公立校での進学】


中学卒業までに300万円
自宅から通えない距離の大学に進学する場合は下宿費が100万円?200万円
かかりますので、その分を含めた額を貯蓄しましょう。


【高校から私立校へ進学】


中学2年生までに500万円
この時期までに500万円を貯める事ができれば、中学3年生のときに予備校へ行った際の
費用をここから捻出できます。


【中学から私立校へ進学】


小学校4年生までに500万円ー1000万円
大木.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像中学校受験対策に入る小学校4年生までが貯め時です
特に5・6年生の追い込み時期は、塾代のほか弁当代等の負担が大きく、
また私立中学校に入学後は、年間120万円以上の学費が掛かります。


【関連記事】
・子供の為に学資保険?定期預金?
・生命保険の見直しをしてみよう


自分にあった定期預金を探索

 

定期預金の種類

 

ネット銀行って?

 

銀行の選びかた

 

定期預金以外の資産運用

 

老後は年金があるから大丈夫?

 

家計の見直しをしてみよう

 

金融関連ニュース

 

日本レコード大賞制定委員会