老後は年金があるから大丈夫?

老後に必要な生活資金

人生の中で、結婚資金・住宅資金・教育資金と
多額な資金が必要な節目が何度かありますが、
老後.jpg最終的な目標は、老後働けなくなった時の生活資金ではないでしょうか。


退職後、年金を貰いながらの生活でいったい、いくら必要なのでしょう。


夫婦の平均的な必要生活費


60歳代    27万円


70歳代以降   24万円


奥様は扶養範囲内で働いていたので、基礎年金のみの場合で
夫はサラリーマンの家庭の平均年金受給額は夫婦で 23万円です。

老人ホームの入居費がだいたい25万円だとすると、夫婦で入るとすれば50万は必要になってきます。


いよいよ自分の力では生活できなくなる5年間を老人ホームに入居することを想定して


25万×12ヶ月×5年=1500万円 の資金が必要になります。


その他生活費、交際費・税金や医療費などを含めると、ゆとりのある暮らしを
おくるには2000万の貯蓄が必要でしょう。


とても公的年金だけでは生活が成り立って行きません。


もし、家計的に少し余裕があれば個人年金保険や
その他の資産運用を検討してみるといいですね。


猫.jpg銀行で普通預金や積立預金で貯蓄する場合、
預けた分の控除等は受けられませんが、


個人向け年金商品で支払った掛金の分を
生命保険料控除とは別に、最高5万円までの所得控除が受けられます。


また、運用益に課税されないので複利運用でドンドン資金が増えます。


【関連記事】
・日本国の年金積立金が底をつく!
・国民年金と厚生年金・共済年金はどう違う?


自分にあった定期預金を探索

 

定期預金の種類

 

ネット銀行って?

 

銀行の選びかた

 

定期預金以外の資産運用

 

老後は年金があるから大丈夫?

 

家計の見直しをしてみよう

 

金融関連ニュース

 

日本レコード大賞制定委員会